2017年9月17日日曜日

平成29年度 仙台YEGビジネスフェスティバル

平成29913日(水)、トークネットホール仙台 展示室にて、
「仙台YEGビジネスフェスティバル」
~ 実りの秋 ビジネスチャンス大収穫祭 情報の宝石箱やー ~を、
開催いたしました。

各社の事業の特徴やご自身に関する情報を相互に発信、キャッチいただく
ことで、お互いの人となりを知り、今後のビジネスマッチングを生み出すための
土台を作ることを目的に開催いたしましたが、72名もの現役会員の皆様に
ご参加をいただくことが出来ました。
 
冒頭、主催委員会である商売向上・情報発信委員会、高橋委員長から、
趣旨説明いただきました。

第一部「委員会対抗ビジネスプレゼン大会」では、各委員会で事前に
ご準備いただいた映像や音響を駆使し、メンバーの事業の特徴や人となりを
プレゼン頂きました。それぞれに、大変個性のある、濃い内容のプレゼンが
続きました。





 
福田会長、吉田直前会長、鈴木監事の3名の皆様に審査いただき、
栄えある最優秀プレゼン委員会は、事業創造委員会に決定いたしました。
事業創造委員会の皆様、大変おめでとうございました!

 
その後の休憩時間では、参加者の皆様からお持ちいただきました
ポスターやチラシ、サンプル品などを、自由にご覧いただき、
今後のビジネスに繋がりそうな情報を収集いただきました。


 
第二部では、3人ずつのグループに分かれ、それぞれの事業の強みや
今後チャレンジしたいことなどをお互いに話し合っていただきました。
何度か会ったことはあっても、ビジネスについてしっかり話をしたことが
ない方も多くいらっしゃり、非常に活発な情報交換が行われました。



 
第三部は、会場をハミングバードヴェッキオへ移し、
「仙台YEG横断 ビジネスウルトラクイズ」を開催いたしました。
メンバーの皆様から事前に集めた自企業に関するクイズを出題し、
委員会対抗で解答いただきました。正解委員会には、メンバーから
ご協賛いただいた商品やチケットをお渡しし、クラッカーやアイスの
早食いといったアトラクションクイズも用意したことで、
笑い合い、協力し合いながら、メンバーのビジネスに関する新しい情報を
得ることができ、大盛り上がりの1時間30分となりました。




 
タイトル通り、まさに、ビジネスチャンス大収穫祭、情報の宝石箱な一日でした。
ご参加いただきました皆様、事前準備含め、本当に有難うございました。
心より感謝申し上げます。

 
 
 

 

2017年9月15日金曜日

第6回事業創造委員会

9月5日(木)会議所において、第6回事業創造委員会を開催致しました。今回の参加者は14名で、11月に開かれる仙台YEG15周年記念事業における、当委員会担当の基調講演の内容を中心に協議が行われました。
 

今回の委員会では初参加の吉田委員を迎え、より活発な意見が出るなかでの委員会となりました。特に今月開催される商売向上・情報発信委員会の事業である委員会対抗ビジネスプレゼン大会の協議では、藤木委員から素晴らしいプランを提案して頂きました。

そして今回の委員会の目玉である委員会内研修として、当委員会の渡辺康二郎副会長より、来年5月に予定されている「K2登頂」についてお話頂きました。想像もつかない大チャレンジとそこに挑む渡辺副会長の意気込みや想いをお聞きし、委員会メンバーはただただ圧倒されるばかりでした。その後は仙台YEGの宍戸さんのお店である「炭焼笑店 ゴジュウマル」にて懇親会を開催しました。懇親会では今月の誕生日メンバーが多くみんなでお祝いをし、いつも以上の盛り上がりを見せた懇親会となりました。




2017年9月11日月曜日

平成29年度『第36回東北ブロック大会青森ごしょがわら大会』報告

9月1日~3日の3日間,青森県五所川原市にて「第36回東北ブロック大会青森ごしょがわら大会」が開催され,仙台YEGからはOBを含め総勢40名のメンバーで参加して参りました。


今回の東北ブロック大会は,「津軽の郷で笑顔が躍動(おど)る」~ヤッテマレ東北!ヤッテマレYEG!~をスローガンに開催されましたが,そのスローガンが表す通り,まさにその設えに笑顔が躍動(おど)る大会でした。


記念式典の後,プラザマリュウ五所川原で行われた大懇親会では,青森の美味しいお酒,料理に舌鼓を打ちながら,東北ブロックの他単会のメンバーはもちろんのこと,仙台YEGのOBの方々とも交流を持つことができ,とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。



また,大懇親会終了後には青森に移動し,仙台YEGメンバー40名弱の参加者の下,「仙台ナイト」を行いました。仙台ナイトでは,現役メンバーを中心に,より交流を深めることが出来ました。



最終日は,「仙台エクスカーション」として,三内丸山遺跡,青森県立美術館を見学して知見を広めた後は,青森市内で美味しいお寿司を頂いて帰路につきました。

多くのメンバーは一泊二日での参加ではありましたが,内容の濃い,有意義な時間を過ごせたのではないかと思います。

主管の五所川原YEGや青森県連の皆様に感謝申し上げるとともに,ご参加いただきました仙台YEGの皆様にも心よりお礼申し上げます。
お疲れ様でした!そして,ありがとうございました!





第6回 総務・交流委員会




9月4日(月) 商工会議所1階 第1小会議室にて第6回総務・交流委員会を
開催いたしました。
商売向上・情報発信委員会より 9/13開催「仙台YEGビジネスフェスティバル」
国際交流委員会より10/13・14開催「パスポート無き海外研修」のPRが
行われた後、齋藤委員長・遠藤副委員長より第5回役員会の議事録の報告を
頂きました。

その後 臨時会員総会と次年度の新年会について役割分担等を協議し、
古川元気まつりについての準備事項を確認いたしました。
委員会の最後には齋藤委員長からのサプライズとして9月誕生日の委員に
プレゼントが渡され、終始なごやかな雰囲気の委員会となりました。




懇親会は当委員会の宍戸(卓)委員のゴジュウマルで行われ、
古川元気まつりで提供する予定の仙台味噌の鶏つくねの試食、
さらに9月生まれの齋藤委員長へ、参加委員からのサプライズプレゼントなどが
手渡され、交流深まる懇親会となりました。

2017年9月9日土曜日

第6回国際交流委員会

9月5日(火)仙台商工会議所1階で第6回国際交流委員会を開催致しました。
参加メンバー16名で当委員会事業の
「大使館視察事業」
「災害協定青年部交流会」
について議論しました。



10月13日、14日に行われる「大使館視察事業」について事業内容についてできるだけ多くのメンバーに参加頂けるよう議論いたしました。
そして、新入会員の和田委員より自己紹介。


また事業紹介を㈱月刊カフェラテの沼田委員より行いました。これは当委員会委員長の意向でメンバーの事業を深く理解しメンバー間ビジネスの発展につなげていける事を目的として実施しております。日頃共に活動しているのですが、なかなか細かいところまでは知れないので毎回良い機会を頂いております。

委員会終了後は、YEGメンバーの「仙一ホルモン」さんで懇親会をおこないました。
メンバー内の懇親を深め、事業成功に向けてより一層団結力を高めることができました。


























第6回 商売向上・情報発信委員会

 
96日(水) 第6回 商売向上・情報発信委員会を仙台商工会議所3階 役員会議室において参加者26名にて開催いたしました。
初めに、国際交流委員会より1013日(土)~14日(日)に開催の『仙台YEGパスポート無き海外研修~そうだ、大使館に行こう!~』の事業PRが行われました。

 

委員会では、913日(水)開催の『仙台YEGビジネスフェスティバル  ~実りの秋  ビジネスチャンス大収穫祭  情報の宝石箱やー ~』について、当日の流れや細かい内容について確認していきました。開催間近という事もあり、事業成功に向けて活発な意見が交わされました。

 


委員会終了後は、「定禅寺へそのを」にて懇親会を開催致しました。
ここではお酒も入り、リラックスした空気の中で事業内容について様々な意見が交わされました。

2017年9月8日金曜日

第6回地域活性化委員会


 94日(月)に行われた第6回地域活性化委員会は、委員会前に当委員会所属の瀬尾委員の協力を得て、今年6月にオープンした「ホテルメトロポリタンイースト」の見学会を開催しました。
 様々なグレードの宿泊ルームを中心にインバウンドを意識した外国人向けのフィットネススタジオや東北の伝統工芸品を集めた高級ラウンジ等を見学させていただきました。当日は天候も良く上層階から太平洋を望むことができました。メトロポリタンホテルの方々、お忙しい中ありがとうございました。





 見学会終了後は、場所を仙台駅前ヒューモスビル9F会議室へ移し、第6回地域活性化委員会を開催しました。委員会前には商売向上・情報発信委員会から913日(水)に行われる「仙台YEG・ビジネスフェスティバル」の事業PRがありました。
 協議は、先月行われた「伊達な風会議2017」の振り返りと1022日(日)の「気仙沼まつり」の出店メニューや1211日(月)に予定している仙台市との共催イベントである「学生事業」のHPの運営や周知方法等について熱い議論が交わされました。




 会議終了後は再度メトロポリタンイースト内にあるレストラン「フォレストキッチン」に移動し懇親会を開催。美味しい料理とお酒で「伊達な風会議」の成功を祝し、さらにメンバーの交流を深めました。